Blog Detail

  • Home
  • インプラントは人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものです

インプラントは人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものです

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、各パーツがどのように繋がっているかによって、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。
他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどの歯のデンタルインプラント治療は2ピースタイプです。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

 

残念ながら、デンタルインプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引くことができます。

確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

 

デンタルインプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯の根元部分を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウン治療が可能になります。これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するデンタルインプラントの技法を適用する可能性があります。入れ歯の装着に違和感があるという方、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に適用されるのが歯のデンタルインプラント治療治療です。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。どうしても外見や噛み心地を譲れない方にふさわしい治療です。

検査から治療後のメンテナンスまで、デンタルインプラントの技法はほぼ全面的に保険適用外です。
保険がきかない理由ははっきりしています。

デンタルインプラントを入れるという一連の治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより時間も手間もかかるからです。手術の前後には様々な処置が必要で、歯のデンタルインプラント治療と周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。これを保険適用にしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

 

がんばって終わらせたデンタルインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上でデンタルドクターの検診を定期的に受け、デンタルドクターや衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。
歯のデンタルインプラント治療自体は人工歯ですが、ひとたびケアの手を抜けば歯周病になることは珍しくありません。完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるのがデンタルインプラントです。
しかし、制約もあるので覚えておきましょう。

最も重要な注意点は、歯のインプラント治療治療は誰でも受けられるわけではないことです。歯のデンタルインプラント治療手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でデンタルインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。よくいわれる歯のインプラント治療のメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な感じを保てるのでこの歯は歯のインプラントの技法だと自分でいわなければいかにも人工歯だと思われることは気にする必要はありません。前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。歯のデンタルインプラント治療治療の大きな問題は、費用がかさむことに尽きます。
ほとんどのケースは保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。
また、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないということも覚えておきましょう。

高額な歯のデンタルインプラント治療は、一体何年くらいもつのかというと、まだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間の使用も問題ありませんが、ひとたびケアを怠ればすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。

 

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、デンタルインプラントの場合、治療費を確保してから始めなければなりません。

健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されず検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では、歯のデンタルインプラント治療手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。人工歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。これは、デンタルインプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに原因があると言ってよいでしょう。

 

歯のインプラント治療手術の経験と実績のあるデンタルドクターを選ぶことが大事だといえるでしょう。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのが歯のデンタルインプラント治療治療です。

 

手術後しばらくの間、患者さんは違和感を生じるのが当たり前の反応です。腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてください。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療を受けましょう。デンタルインプラントは決して虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいとは言えません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導してもらい、まずは口腔内をきれいに保ってください。異常がなくても、デンタルドクターの指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。デンタルインプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術するのが普通だからです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。

痛み止めは頓服として処方されますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

 

手術が成功し、義歯が使えるようになってデンタルインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。
メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。標準的には、一年に1万円から2万円程度の費用を支払うことになります。デンタルインプラント治療は、まず何が大切かというと、デンタルドクターと、デンタルドクター院の決め方です。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきたなるべく経験豊富なデンタルドクターに治療してもらうように努めてください。
また、それに加えて、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止に努めている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

外科手術を受けたわけですから、デンタルインプラント埋入手術の後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごさなければなりません。普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらく行わないようにしましょう。血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

日頃から運動をしている方は、運動をいつ再開すべきか、デンタルドクターと共通理解しておくことをすすめます。本当に選りすぐりの歯のインプラント治療専門の歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくという手段もあります。
歯のインプラントの技法に関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。一生使える第二の歯を求めて、可能性を追求して、まずもって、情報集めに全力を尽くすことに努めましょう。

 

一口にインプラント治療といっても、3つのハードルを越えなければなりません。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

デンタルインプラントを埋め込んだ後、その歯は永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけてください。長期間快適にデンタルインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはデンタルインプラント周囲炎の可能性があります。

感染が重篤化する危険性があるので早急に診察を受けましょう。歯のインプラント治療に関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。それは、治療を行うデンタルドクターの腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、直ちに歯科で診てもらってください。

歯のインプラント治療について、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯と人工歯根のことです。
歯のインプラントの技法はブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。デンタルインプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
歯のインプラント治療治療を受けようとすると、全て自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その手術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。歯のデンタルインプラントの技法技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技を欠かすことは出来ません。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。歯のインプラントの技法治療の問題点を広く調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。

 

それは気にしないでください。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
歯のインプラント治療の場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。普通、歯のデンタルインプラントの技法治療の全部が自費治療なので、費用面で、治療を躊躇する方もかなりいるようです。

それでも、クレジットカードが使えるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローン商品を使えるデンタルドクター院が多く、けっこう融通が利きます。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、歯のインプラント治療治療に取りかかることはできる状況になっています。

デンタルインプラント埋入手術の直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、歯のインプラント治療が落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。しかし、他の原因から生じることもあるので、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。初めてデンタルインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。

対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に義歯を装着して固定するというものです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。1本から2本の欠損した歯に対して、歯のインプラント治療もブリッジも適用できますが歯のデンタルインプラント治療治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで人工歯をつけます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

 

ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知してください。様々な条件によって、デンタルインプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。最新の設備を備え、最新の技術を持ったデンタルドクターがいれば少し前なら、デンタルインプラント治療はできなかったケースでも治療ができるようになっています。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。

Write a comment