Blog Detail

  • Home
  • 混同されることの多いインプラントと差し歯。何が違うのでしょうか

混同されることの多いインプラントと差し歯。何が違うのでしょうか

混同されることの多いインプラントと差し歯。

 

何が違うのでしょうか。まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

 

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。それに対して、歯のデンタルインプラントの技法というのは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。
デンタルインプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、当然ながらデメリットもあります。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。

 

加えて、治療が失敗して健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。

 

障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。デンタルインプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれるデンタルドクターを見つけることです。この治療独自の技術を身につけたデンタルドクターであるかは当然として、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全ては歯科医の裁量にかかっており大きく違ってくると言うべきです。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法なのは明らかで、デンタルドクター選びに全力を尽くすことが治療の成否を決めるのです。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

歯のインプラントの技法は、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプに分類することができます。

 

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・デンタルインプラントがあります。二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらに人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。完全に歯の痕跡が見当たらなくなった部位にも使えるデンタルインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、難点もあるということに気を付けてください。最も重要な注意点は、歯のインプラント治療治療は誰でも受けられるわけではないということです。

 

これは重要な事実です。

 

デンタルインプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、デンタルインプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる可能性は高いといえます。

注意してください。他の歯科治療と同じように、歯のインプラントの技法にも失敗をゼロにすることはできません。

歯のインプラント治療治療から起こりうる問題として、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。このような危険をできるだけ避けるために、まず、デンタルドクター選びに全力を尽くしましょう。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、歯のデンタルインプラント治療の場合、ほぼ全て保険適用外です。保険がきかない理由ははっきりしています。デンタルインプラントを入れるという一連の治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。手術の前後には様々な処置が必要で、歯のインプラント治療が周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

歯のインプラント治療治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。

もちろん、こうした既往症があるだけでデンタルインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

 

デンタルインプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。どこのデンタルドクターの手術でも、痛さを心配する必要はありません。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。術後、麻酔が切れてくると、腫れとともにだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。欠損した歯が少ない場合、治療としては歯のデンタルインプラント治療とブリッジが考えられます。

デンタルインプラントの技法では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に人工歯をかぶせます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。口を開けたところを見れば歯のデンタルインプラントの技法とブリッジを比較して、歯のインプラント治療の方が優るというべきでしょう。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというのが痛いところです。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないデンタルインプラントの技法であったとしても当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

このため、デンタルドクター院を探すときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、大事だと心得てください。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開しているデンタルドクター院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。
どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、歯のデンタルインプラントの技法にもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。

保険がきかないため、高額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。歯のインプラント治療で噛むようになり、しばらくして噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。歯科治療は全て同じですが、歯のデンタルインプラント治療治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。

人工物のインプラントでも、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、デンタルインプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

 

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の人工歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいにしっかりした構造になっています。もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。どんな問題が歯のデンタルインプラント治療治療にあるかを聞いたことがあると思います。その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという説があったのではないでしょうか。

それは本当のことではありません。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。しかし、歯のデンタルインプラント治療は主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。

デンタルインプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、どうしても自分次第のところがあります。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

 

さらに、歯のインプラント治療の場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

 

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので歯のインプラント治療と骨の間に自前の組織が形成されず、歯のデンタルインプラント治療がしっかり固定されないというアクシデントがあれば再手術を迫られ、骨を大きく削り直すことになります。それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

歯科におけるデンタルインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので安全性を確認しながら治療を受けられます。そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの極めて高い医療スキルを置いて語れません。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければデンタルインプラント治療は終了です。

けれども定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその費用もみておかなければなりません。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うことを指示されます。

メンテナンスの費用は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。どうにかして、デンタルインプラントについての高い技術を備えた歯科医の治療を受けようとすれば海外に渡ってでも治療を受けることも十分あり得ます。

デンタルインプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中のデンタルドクターが研修を受けています。

一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、まずもって、情報集めに全力を尽くすのが成就への第一歩です。利点も多いデンタルインプラントですが、治療を受ける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

 

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずしもこうなるとは言えず、結局、治療してみるまで分からないということになります。
痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れや痛みが収まらない場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。典型的なデンタルインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。

 

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。ですから、インプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。新たな歯科医療の形として注目されているデンタルインプラント。
その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当デンタルドクターの治療テクニックにも掛かっています。

口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、デンタルインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、埋め込んでいる歯のインプラント治療がグラつくなど、耐用年数も短くなってしまいます。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、デンタルインプラントの場合、高額になることを知っておいてください。

健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、ほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、困難な治療が含まれると費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。

どんなインプラントも虫歯の危険性は全くありませんが、歯周病には気をつけてください。インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスは手を抜くことができません。

 

ですが、デンタルインプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があれば歯のデンタルインプラント治療周囲炎を起こしているかもしれません。
自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。

 

歯科治療の現場は日々進化を続けています。最近は、歯のインプラント治療手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。人工歯根とその上の人工歯の接続が不十分で、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に起因することが多いといえます。デンタルインプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

これは歯のデンタルインプラント治療治療の大きなメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはたぶんないでしょう。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければもしかしたら人工歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても料金はずいぶん違ってきます。

治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数のデンタルドクター院を比較して最終的にデンタルドクター院を決めるべきでしょう。

 

歯科医院決定に大事なのは歯のデンタルインプラント治療治療経験者の口コミです。何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがデンタルインプラント治療です。
手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。
腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、デンタルドクターに診てもらってください。

 

Write a comment