Blog Detail

  • Home
  • 現状ではインプラント治療のほとんどは自費となるため高額の負担が重い

現状ではインプラント治療のほとんどは自費となるため高額の負担が重い

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の負担が重くのしかかる方もまだまだ多いのです。

しかし、クレジットカードの分割払いや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

 

手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることは十分可能になりました。歯のインプラントの技法治療を始める前に、費用を調べておきましょう。
この治療はかなりの費用を要することは確かです。場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのがどうしても高額になってしまう原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどで治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。最近よく聞くようになった歯のインプラント治療。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、利用することは不可能です。一方、インプラントは原理が全く異なります。これは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

どこの歯科医院でも、デンタルインプラントが適用されるのは、他の治療が難しい患者さんに最適な治療方法になります。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では上手に噛めないなどで歯のデンタルインプラントの技法治療を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。

 

歯のインプラント治療と入れ歯がどう違うかというと、デンタルインプラントは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクをゼロにすることはできません。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという外見が損なわれる可能性もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

歯のデンタルインプラント治療は、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのを1ピースタイプといいます。それ以外に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。徐々に市民権を得てきた歯のデンタルインプラントの技法ですが、歯のデンタルインプラント治療の処置後、以前と比べて息のニオイが気になるという話も一部で見られます。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、デンタルインプラントと隣の歯の間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化した歯のデンタルインプラント治療周囲炎になっているケースもあり得るのです。
そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。どんな完璧なデンタルインプラント治療でも、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、アフターケアが寿命を決定します。食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらに定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。

 

人工物の歯のデンタルインプラント治療でも、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

歯のインプラント治療治療では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。ほとんどのインプラントの技法は保険がきかず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前にデンタルドクターとよく話し合う方がベストだと思います。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

歯のデンタルインプラント治療埋入手術では、術中、大して痛くないのが普通です。

麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛くなってくることもあります。

 

痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法である歯のデンタルインプラント治療。

 

ですが、留意すべき点もあるのです。
まず挙げられるのは、デンタルインプラントの技法を受けるには条件があることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

 

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

 

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯のデンタルインプラント治療治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。

ブリッジや入れ歯に比べ、デンタルインプラントではしっかりと噛むことができ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくあごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

どんなケースであっても、歯のデンタルインプラントの技法治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合ったデンタルドクターと歯科医院を探すことです。特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでたくさんの症例を治療してきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

 

それにとどまらず、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも歯科医を決めるためには重要なことです。デンタルインプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗してもやり直しできないことが多い点です。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり歯のインプラント治療をあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけても歯のインプラント治療と骨の間に組織が形成されず、歯のインプラント治療が定着しなければ再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。典型的なインプラントの技法は、大きな3つの関門があります。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。どこに時間がかかるかというと、歯のデンタルインプラント治療の埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
ですから、デンタルインプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
急患でも診療を受けることが必要です。
デンタルインプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間トラブルなく使うことも可能ですが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ維持できなくなる異常も起こりうるということを忘れてはいけません。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、痛みが落ち着くまでは、安静に生活するよう気をつけてください。

普段よりも静かに過ごすようにして日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。運動を習慣にしている方の場合は歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくことをすすめます。
歯科におけるデンタルインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーも起こりにくいとされています。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればデンタルインプラント治療は終わりですが、指示された間隔でデンタルドクターによるメンテナンスを受けなければなりませんからその費用もみておかなければなりません。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースでデンタルドクターのチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。定期検診にかかるお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならずたいていは三千円程度に収まります。標準的には、一年に1万円から2万円程度の費用を支払うことになります。重要な確認事項として、デンタルインプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからデンタルインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも歯のデンタルインプラントの技法治療のリスクが増大します。

 

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
歯のデンタルインプラント治療は他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

これは、人工物を埋め込んで周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で歯のインプラント治療がなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、治療中に異変を感じたら速やかにデンタルドクターの診断を受けることが治療を成功させるために必要です。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。

確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。デンタルインプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて人工歯を固定するという手術です。旧来の入れ歯と比べた場合、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの高レベルの医療技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。高額な治療費を気にされる方もいますが、歯のインプラント治療治療はほとんど全部が自費です。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。これを保険適用にしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスを持ち合わせていなければなりません。
これには大変な手間と時間がかかりますから、それだけ、セラミックの歯というものは金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

 

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯の根元部分が残っているかどうかの違いです。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、人工歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせることが可能です。

 

抜歯した場合の選択は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。

 

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に人工歯をかぶせる義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

デンタルインプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療にお金がかかることは承知しておいてください。

歯のデンタルインプラント治療治療を始めるとき負担に感じるのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

おおむね保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですから失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによってもかなり費用が違うことも確かで、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることはもちろんです。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないといったことも他の歯科治療と異なります。デンタルインプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。デンタルインプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

残っている自分の歯と同じく、デンタルドクター、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
異常の有無に関わらず、デンタルドクター院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

Write a comment