Blog Detail

  • Home
  • インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、「歯のインプラント治療体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

歯のインプラント治療技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の卓越した技術が物を言うといわれています。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
現在、歯のデンタルインプラント治療の人工歯根はチタンが多くなっています。

骨との親和性が高く材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。そして、治療終了後のメンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

いわゆるデンタルインプラントの技法では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(歯のデンタルインプラント治療体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に人工歯をつけます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
ですから、見た目を考えれば多くのケースでは歯のデンタルインプラント治療が高い評価を得るでしょう。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛さもあるのです。数々の歯のデンタルインプラント治療治療の問題点について、聞いたことがあると思います。その一つとして、歯のデンタルインプラントの技法を埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。それは本当のことではありません。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
ところが、歯のデンタルインプラントの技法の場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属といっても磁気には反応せず、検査で問題になることはまずありません。「歯のインプラント治療って差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

 

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。ですから、抜歯してしまって歯がない場合は原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも施術が可能なのが歯のインプラントの技法の特長ということになります。

様々な条件から、普通の歯のデンタルインプラントの技法治療は困難とされ、限られた歯科医でないとできないなら、日本だけでなく、海外のデンタルドクターを探すというのもありえます。デンタルインプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならすぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。
普通、歯のインプラントの技法治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方も決して少なくありません。

それでも、クレジットカードが使えるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローン商品を使える便利な歯科医院も多くなってきました。

手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。

 

どうしても避けられない問題ですが、デンタルインプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されず自費診療として始めるしかないのが高額の負担を避けられない理由です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとするとその数倍の出費もあることを肝に銘じておかなければなりません。一本のデンタルインプラント治療にかかる費用は標準的な治療で、歯のデンタルインプラントの技法を一本入れるのに30万円から40万円かかります。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても料金はずいぶん違ってきます。

治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療に取りかかることをすすめます。

ここで重視すべきなのはそのデンタルドクター院でデンタルインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

 

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

ブリッジという選択肢もありましたが、歯のデンタルインプラントの技法にもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。

 

自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでこれで良かったと実感しています。

 

成功すれば満足感が大きい歯のデンタルインプラントの技法治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。第一に、費用は他の歯科治療より高額です。ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。
そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。

ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。検査から治療後のメンテナンスまで、歯のデンタルインプラント治療治療はほぼ全面的に保険適用外です。保険がきかない理由ははっきりしています。この人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

歯のインプラントの技法を埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

デンタルインプラントの技法も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんにお薦めします。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

 

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず当然、その度に費用を支払います。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。

従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。典型的な歯のインプラント治療治療は、3ステップあると考えてください。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという段階を踏みます。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

顎骨に人工歯根を埋め込んで人工歯を固定する歯のデンタルインプラントの技法は、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・歯のデンタルインプラント治療」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどの歯のデンタルインプラントの技法は2ピースタイプです。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

言うまでもなく、歯のインプラント治療にすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、デンタルインプラントを維持できなくなることが考えられます。残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。その上で、定期的にデンタルドクター院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

 

歯科医で歯のインプラント治療治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の人工歯作りの治療です。

 

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

ただし、歯のインプラント治療治療は完全に保険適用外なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
治療では歯のインプラント治療埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

 

また、デンタルインプラントを埋入するあごの骨の厚みがないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、大がかりな手術を入院して受けることもあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
歯のインプラントの技法治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も人工歯に見えない自然さでこの歯は歯のインプラント治療だと自分でいわなければこれは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。一度埋め込んだ歯のインプラント治療の使用可能年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

 

ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。利点も多い歯のインプラントの技法ですが、治療を受ける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

その点は、担当医の技量に加え、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

 

歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。他の生活習慣と比べても、喫煙が歯のデンタルインプラントの技法治療に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、デンタルインプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが次のステップに進むための条件です。周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素もかなりマイナスに作用します。デンタルインプラントの技法の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。
きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが多くの意見です。すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。
いろいろな事情からデンタルインプラント治療を始めるでしょうが、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院ごとに大きく異なります。

 

保険適用外がほとんどであるインプラントの技法は、費用を自由に設定できるのです。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
欠損歯一本に対するデンタルインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。手術では他の歯に触れていなくても、デンタルインプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

これは、人工物を埋め込んで周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどなので、気にしないでください。別の原因が隠れていることもあり得るため、違和感がおさまらないときはデンタルドクターの判断を仰ぐことを忘れないでください。

 

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラントの技法の最大のリスクは失敗してもやり直しできないことが多い点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物の歯のインプラント治療と自分の骨が周辺組織によってなじむことなく歯のインプラント治療が定着しなければ普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。誰でも歯のインプラント治療治療ができるわけではありません。その大きな原因は他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。保険適用外のケースが圧倒的多数で、当然のように全て自由診療になってしまうのでデンタルインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、人工歯などの材料は、などの要因で一概に費用を決められませんし、自由診療のため、デンタルドクター院によっても費用が異なることも事実です。

治療が終わっても、ずっと定期検診があるということも覚えておきましょう。入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがデンタルインプラントです。しかし、気に留めておくべきポイントがあります。
それは何より、歯のデンタルインプラントの技法治療を受けることができないケースもあることです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、デンタルインプラントの利用が不可能と診断される場合があることに留意してください。

 

デンタルインプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという患者の希望がある場合です。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

Write a comment